〜まぁ、いろいろありますわいな〜
PROFILE  ENTRY  CATEGORY  ARCHIVES  COMMENT  LINK  OTHER
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 涙嚢鼻腔吻合術(DCR) | main | 髪の毛を寄付する。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.01.07 Saturday --
毎日かあさん
実家に居た頃から新聞といえば毎日新聞、な我が家。
だから「毎日かあさん」は、ずっとリアルタイムで読んでいる。
毎週、毎週、楽しみで。子供達のエピソードが毎回笑かすのよ。
そいでいて、時々ほろっとさせたりもする。この出戻り編の頃はやっぱり特別。
せっかく一緒に暮らし始めた所だったのに、鴨志田さんの訃報にはほんとにビックリした。
それが映画になるという。しかも永瀬くんとキョンキョンの元夫婦が夫婦役するという。

何をかくそう20代の頃、好きな芸能人は?と訊かれたら「永瀬くん」と答えては
「あーTOKIOの長瀬くんね」と言われ「ちがうちがーう!」といちいち説明してた^^;;;
マンダムのCMがカッコ良かったんだってばさー。。。

ってゆーのはさておき、今回の映画。

もうね、原作がコミックで発売された時、本屋で立ち読みしてその場でボロ泣きしたし(爆)
しかも試写を観た西原さんいわく、永瀬くんが鴨ちゃんそっくりだった、とかゆーし。
絶対号泣するでワタシ。いいのか。大丈夫なのか。でも観たいしー。。。
と思ってたら、母から「見に行こう」と誘われてしまった。いや大丈夫なのかワタシ"達"。

もちろん映画全編がそんな重苦しい話ばかりではなく。
原作を知る人にはお馴染み「麦ちゃん5」も登場するし、お子様ネタ満載。
ちょいちょい笑かされーの、ホロっとさせられーの、まるで新喜劇のような(^^)
しかし後半になるにつれ、特に鴨ちゃんがアル中のりこえ戻ってきてからのシーンはもう,,,
ああやって鼻にチューブつけてベッドに横たわってる姿は、親父のそれとかぶりまくってて
独りでボロボロ涙こぼしまくり。びぇえええええ(TT)(TT)(TT)(TT)(TT)

エンドロールが終わって、みんな続々と退出してくなか、ウチら母娘は立てずにいた。
「なんか、、、ダブるとこあったな(TT)」と母。
うん、うん、と泣きながら頷くワタシ。
母が一番心に残ったシーンは、病院のベッドで鴨ちゃんが「ありがとう」って言うところ。
何も言葉を返せずに背中でそのコトバを訊いてた西原さんと自分が重なったらしい。
親父は母に対して「ありがとう」なんて絶対に口に出すことは無かった。
他人とかウチら兄妹には言えるクセに。腹ん中では母に一番感謝してたクセに。
だけど一度だけ、ほんとにあの鴨ちゃんと同じようなシチュエイションで言ったらしい。
「世話んなったな」って。
それに対して、ちゃんとした言葉を返してあげることが出来なかったと、母は悔やんでた。
だいじょぶだよ。ちゃんと気持ち伝わってるよ。ってワタシは思うんだけど。

そんで二人してひとしきり泣いてたら、気付けば場内ウチらだけになってて(爆)
入れ替え制だから早う出なアカンのやわ。ぁわわわわって慌てて退出したのでした。
泣きはらした目で^^;;;;;

いやー、ほんま、案の定の大号泣でした。

2011.02.26 Saturday 23:00 日々のコト-
スポンサーサイト

2017.01.07 Saturday --
同カテゴリ最近5件
Material by 歪曲実験室。 icon&Design by malo pismo
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
カラメル手芸部